test

1回目にお願いしたのは、明星金属工業株式会社さんの上田社長です。上田社長はやさしいです。着任前からいろいろ相談させてもらっています。D-Bizのことや製造業のこと。どんな時も時間を作ってくれます。ニコニコしながらいつも楽しいおしゃべりが続きます。DAITO MAKERSのアイディアもそんなおしゃべりから生まれました。

明星金属工業株式会社さんの上田社長と

20tの鉄の固まりを世界レベルの金型に変える。天井高20M、身長18Mのガンダムがすっぽり入る工場です。この工場で自動車のボンネットやドアを量産する金型が作られます。日本の大型プレスの金型は世界一、二のレベル、技術力の結集です。自動車大量生産におけるクオリティ管理の要です。ここでは完成した大型プレス金型の0.01mm以下の最終調整が行われます。工場下には6Mほどの空間があり、プレス1800tの圧に耐えられる補強がされています。

20tの鉄の固まり、1800tの圧、0.01mm以下の精度、どえらい数字で頭がくらくらします。

明星金属工業株式会社さん

製造業での重要資産

金型は、製造業での製品の外観の優劣や品質・性能あるいは生産性を左右する重要な要素であるため、その製作に当たっては時間と費用が掛けられ、完成した金型は容易に交換出来ない重要な資産として扱われる。自社で製作する場合と、専門の会社に製作を依頼することもある。金型には設計情報を転写する機能があり、精密部品などの金型については、マイクロメートル単位の正確さが求められる。ドイツなどでは「金型は生産工学の王」であるとも表現される。(ウィキペディアより抜粋)

で、金型ってなんなん?

なかなか難しいです。生産工学の王、「ドイツが言ってるんや」ですから、しゃれでもなく正しいと思います。T型フォード誕生と量産を支えた大発明です。大型プレス金型は日本とドイツが一歩リードしています。小型の金型、半導体などに使われる精密機器用の金型製作もまだ日本にも技術競争力があるようす。コンピュータ&AIの解析技術の進歩で、大量生産が可能になった金型製作や部品製作は中国が優勢な状況が進んでいるようです。