大東ビジネス創造センター

支援事例

2018年02月07日

新製品開発サポート

相談者
京阪紙工株式会社(段ボール製品製造)

課題

新製品開発のアドバイスを求めて、また情報発信のサポートの相談にいらしている住谷社長さま。この時は、自社製品である強化ダンボール製の簡易型組み立て式ステージ「ステージキッズ」の話題でした。イベント会場での能舞台や海外でもJapan Festival Boston ボストン日本祭りで採用されて注目を集めていたが、シリーズ商品のミニサイズの動きが今ひとつであるとの課題でした。

知恵だし

ミニサイズは、使い方が様々な場面で考えられる。例えば、「指揮者台」「朝礼台」「スターター台」「一人用ステージ」などなど。利用用途が多岐であることはメリットではあるが、ターゲットがぼけてしまうのがデメリットなのでは。ターゲットを絞り込んで、具体的な利用シーンが浮かび易いように、「○○専用」という切り口で商品をポジショニングした方が存在感を出せるのではとアドバイス。選挙の時の候補者が街中で演説する台として、ネーミングを「辻立ち君」にすることを提案。プレスリリース作成のお手伝いをした。

「辻立ち君」メディア掲載

2017年秋の衆議院選挙のタイミングでリリース配信。日経新聞の取材・掲載に至った。実際に、この選挙用にと購入した候補者も。さらに、大手量販店からのアプローチもあり、販路拡大に繋がった。

ページトップへ