大東ビジネス創造センター

新着情報

スタッフブログ

2020年02月14日

投稿者:海外展開・創業支援アドバイザー 森信 肇

あえて「販促ツールの作成に時間をかける」ことのススメ。

海外展開・創業支援アドバイザーの森信です。
ユニクロの柳井社長は、新聞折り込みチラシは「お客様に対するラブレターだ」と言われています。チラシの作成はプロにお任せして本業に専念するのも一つの方法ですが、今回はあえて「販促ツールの作成に時間をかけることのススメ」について、触れてみたいと思います。

どんな職種でも必要になるであろう「チラシ」ですが、ラブレターを他人に代筆してもらう人は、あまりいないですよね?
 
確かに、チラシのデザインをアウトソーシングすることで、制作する手間もかかりませんし、プロのデザイナーに任せると綺麗なデザインで仕上げてくれるでしょう。しかし自作することにより、得られるメリットは費用や時間以上のものが必ずあると私は感じています。
 
 
思いを形にする。
 
チラシの作成の手順としては以下のようになります。
 
①企画つくり
②コンテンツのまとめ
③デザイン作業
 
企画つくりでは、誰に何をどう伝えて、どのようなアクションを取ってもらいたいのか。また、どのようにチラシを届けるか?をイメージします。大枠部分をここで固めます。
 
コンテンツのまとめでは、キャッチコピーや商品説明、伝達事項 (価格、日時、場所など)や、問い合わせまでの導線作り (TEL、メールなど)を考えます。ここでは、お客様の声なども必要に応じて盛り込みます。
 
デザイン作業では、ターゲットに合わせたイメージ (色、フォント、イラスト、写真など)でコンテンツを配置しデザインを仕上げていきます。
 
 
限られたスペースだから意味がある。
 
この3段階で特に、大切なのは、①企画つくりと②コンテンツのまとめです。
 
チラシ紙面には限られたスペースしかありません。その中でセールスポイントを整理し、配置を考えたりしなければなりません。その行程では「どんな顧客に何を一番に訴えたいのか」を絞り出す必要があります。
 

不要な部分をそぎ落とし、できるだけシンプルに仕上げていく。これが一番悩ましくもあり時間のかかる、もっとも大切な行程です。当然、文字数も制限されます。限られた文字数で切れ味鋭い「キャッチコピー」も必要になります。
 
真剣にコピーを考えたり、商品やサービス内容をわかりやすく文章にまとめていくことで、ターゲットに対してストレートに訴求できる方法やアイディアをまた再確認することもできます。
 
時々、素材や文章をまとめてデザイナーに送って「はい、おしまい!」という丸投げをしてしまう方がおられます。本業に専念したい気持ちも理解できますが、この行程をおろそかにすると、顧客に対して何を訴えたいのかがぼやけたままになってしまう恐れがあります。
 
ターゲットがぼやけていたり、自社の特徴が見いだせていない状況では、立派なチラシができあがったとしても、集客で自ずと苦戦を強いられます。

 
 
サポートツールを活用する。
 
デザイン作業は、パワーポイントやイラストレーターといったツールも必要になります。レイアウトの整理をしたり、写真や図形を配置したりしなければなりません。これら作業の中では、幅広いスキルも身につけることができます。
 
しかし、デザインの作成経験のない方や、パソコン作業に不慣れな方もおられることと思います。その場合は、①と②の手順で、まずは紙に手書きで描いてみることをオススメします。そうすると、頭の中で整理ができてくるかと思います。
 
また最近では、販促物の自作を手助けしてくれるサポートツールもあります。
 
ラクスル「オンラインデザイン」のように、すでに出来上がったデザインテンプレートを使用すると、デザインはプロ並みのクオリティに作成することもできます。このツールは無料で誰でも使用できますが、印刷サービスを提供するラクスル社の思いも理解した上でのご利用を推奨します。
 
このように自作で販促ツールを作成すると、新たな気づきもあり、普段からアイディアも思いつきやすくなります。
 
福本アドバイザーの記事もご参考ください。
 
D-Bizでは、ITやデザイン分野に詳しいアドバイザーも揃っています。お困りの方は、ぜひご相談ください。
 

ページトップへ